オモシロ農業
5つの約束

  • 1次世代の人財をつくる

    素晴らしき食づくりを通じて、素晴らしき人づくりに貢献します

  • 1生産力の限界を超える

    テクノロジーを最大限に活かし、常に生産力120%を目指します

  • 1商売繁盛を持続する

    生産力に応じて販売力も、常に120%で展開していきます

  • 1仲間づくりで潮流を生む

    志を同じくする仲間を増やし、協働し共に成長していきます

  • 1地域と社会に貢献する

    人の心と身体に健康な食を創ることを、世界に約束します

事業構造

事業構造

1

次世代の人財をつくる

経験豊富な人材を採用する一方で、農業の未来を担える若い人材の育成を行っています。2017年には未来を切り拓くオンライン農学校The CAMPusとも連携。300年続く農家の知恵に加えて、栽培方法、圃場管理や出荷フローなどを現代流にアップデートしながら、市場のニーズに応えていきます。

2

生産力の限界を超える

旬の野菜は味も栄養価も、あらゆる点で高品質。しばやま農園では、旬の野菜をおいしく保存する知恵があります。また畑直送の加工場を新設し、最新鋭の設備で1日最大10tの加工が可能に。しばやま農園は、テクノロジーとおいしさの知恵で、おいしさの周年供給に挑戦しています。

3

商売繁盛を持続する

「地産“多”消」と商品開発力が、商売繁盛の決め手。東京まで約1時間の近さを武器に、「首都圏の台所」としてコンビニやレストランなど、生活者のライフラインの一部となっています。また「寝た芋」やコラボスイーツなど、ユニークな商品開発にも挑戦。今後は海外展開も見据えています。

4

仲間づくりで潮流を生む

全国各地にネットワークを構築し、収穫期の違いを活かした安定供給に成功。また地元では、野菜の生産・加工・流通業者が集積する生鮮産業団地しばやまインダストリアルパークを展開。イノベーションと地域の雇用を創出し、世界に向けて日本の食農文化を発信する。そんな夢を描いています。

5

地域と社会に貢献する

肥沃な土壌や温暖な気候という自然の恩恵にあずかりながら、先祖代々農家を営んで300年。この地で生かされてきたことへの感謝をこめて、地域イベントや香取神宮の文化的活動等にも積極的に参加しています。今後も香取市の振興や環境保全にも貢献できる会社でありたいと思っています。